電動パーキングブレーキ装置を利用した電子制御が関係している?リヤブレーキパッドの残量が減っていました。 スバル レガシィアウトバック(BS9) 茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 中古車 新車

query_builder 2024/04/18
ブログ
エンジン

おはようございます。長妻です。4月なのにもう暑いです。

身体が慣れるまでは大変です。皆さんも気を付けて下さい。

今回は車検でお預かりしたスバルのレガシィアウトバックの

整備についてご紹介させていただきます。

ブレーキ

多くの車種は前側のタイヤ2本が駆動輪になっています。

ブレーキの制動力もフロント側の方が強くなっています。

結果的にフロントのブレーキパッドの方が早く減ります。

ですが、今回のお車はリヤがフロントより減っています。

4WD(4輪駆動)という点を含めても走行距離に対して

減りが早いです。僕は電動パーキングブレーキに関連した

電子制御も早く減る原因のひとつなのかなと考えています。

ブレーキ

別のお車で写真はないのですが、トヨタのヴェルファイアで

5万キロでリヤブレーキパッドの残量が1ミリになっていて

ビックリした事がありました。今までの常識ではありえない

早さでした。ブレーキの引きずりや制動力の異常も無いので

ここからは推測になるのですが、電動パーキングブレーキを

利用したブレーキアシストが関係していそうです。リヤ側の

ブレーキが自動で使用される機会が増えた事や制動力が昔に

比べて強くなっている事などが原因なのかなと・・・。

モニター

車種にもよるのでしょうが、前のブレーキは油圧で作動させて

後ろのブレーキは油圧と電動で作動させている事が多いです。

油圧はペダルを踏んだ時に発生してピストンを押し出します。

電動は運転者の状態に関係なく、ECUで判断してモーターを

作動させる事でピストンを押す出します。この装置があるので

従来の様にピストンを縮めるだけではブレーキパッドの交換を

する事ができません。外部診断機を使ってモードを切り替えて

作業を進めていきます。

ブレーキ

ヴェルファイアはブレーキモードに入るとピストンが完全に

戻りましたが、スバルはその後に手動でピストンを押し込む

必要がありました。ちなみに、スバルは今回が初めてです。

FINESで整備書を確認しながら交換作業を進めました。

写真の工具(マツダ車には昔から必要)を使用しました。

ブレーキパッド

リヤブレーキパッドの交換が完了しました。電源を切っても

モードは元には戻りません。外部診断機で通常モードに変更

します。トラブルコードが入っていないかの確認もします。

ブレーキ

車検ごとに交換をおすすめしているブレーキオイルです。

ブレーキ装置は作動をした時に摩擦熱で高温になります。

その為にオイルも熱くなったり冷えたりを繰り返します。

それを2年間も続けるのですからどうしても劣化します。

ブレーキの油圧装置の故障につながりますから車検ごとに

必ず交換をする様にして下さい。

ブレーキオイル

交換完了です。油圧がしっかりかかる様になるからでしょう。

ペダルの踏む感覚が変わりますよ。

スタビリンク

スタビリンクのブーツが切れてグリスが出ていました。

スタビ

スタビリンクも交換をさせていただきました。左右で形状が

違うので同時に作業をする時は間違えない様にご注意下さい。

自動車

オイルなどの消耗品の交換と法定点検や清掃、調整を実施。

完成検査後に納車となりました。ありがとうございました。

NEW

  • 走行中にタイヤの回転に合わせてウォンウォンと異音がします。ハブベアリングとハブの両方に異常があり...

    query_builder 2024/05/14
  • ラジエーターの樹脂部分の劣化による冷却水漏れの可能性をお伝えしました。安心して乗りたいので交換を...

    query_builder 2024/05/09
  • ガタによる異音が発生していたウォーターポンプの交換を実施させていただきました。経年劣化が懸念され...

    query_builder 2024/05/07
  • 車検時にアドバイスをしていたオイル漏れの修理をご利用いただきました。プラグもオイルに浸かっていた...

    query_builder 2024/05/01
  • エンジンの回転数に比例して異音がしています。ウォーターポンプを触ってみると軸にガタがありました。...

    query_builder 2024/04/27

CATEGORY

ARCHIVE