走行中にどこからかウォンウォンやゴゴーみたいな異音がしています。タイヤの回転に同期している様です。この原因は? ホンダ モビリオ(GB3) 茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 中古車 新車

query_builder 2023/12/04
ブログ
自動車

おはようございます。長妻です。今回は車検にてお預かりした

ホンダのモビリオの整備の一部をご紹介させていただきます。

フリードの前身にあたる車種でスライドドアとCVTによって

燃費や使い勝手を向上したお車です。エンジンは新車が数ヶ月

待ちになる程売れたGDフィットと同じで、更にフィットから

改善がされているので故障率も下がっています。

ベアリング

良いお車だとしても年式も古くなってきました。走行距離も

使用しているからこそ伸びました。そうなると故障は起きて

しまいます。特に前回の車検はオイルや消耗品の交換のみで

済んだ事もあるのですが、複数の不具合が確認できました。

工場に持ってくる際にタイヤの回転に合わせてウォンウォン

やゴゴーみたいな異音がしていました。診断をすると左右の

ハブベアリングに回転抵抗(回すとゴリゴリする)があり、

高速回転した時に異音を発生させている事がわかりました。

まずはスライディングハンマーでハブを抜きます。

足回り

次にナックルをごっそり取り外します。ブレーキ関係は位置を

ずらしてタイラップで吊っています。ドライブシャフトの中が

抜けない様に注意して下さい。

ナックル

古いベアリングを油圧プレスで押し出して抜きます。

ナックル

抜いた古いベアリングを工具代わりにして新品を圧入します。

プレート

バックプレートを忘れずに取りつけます。

ナックル

ハブは再使用するのですが、ベアリング片が残ったままです。

ベアリング

サンダーで切り込みを入れます。

P1030275

切り込みにベアリングプーラーを引っ掛けます。こうしないと

抜けてこないです。

ベアリング

ベアリング片が取れました。

ベアリング

ハブをベアリングに圧入していきます。プレスを当てる位置を

間違えるとべリングが分解するので要注意です。

ベアリング

ベアリング交換ができました。この作業を左右とも実施します。

足回りの整備は他にもありましたの次のブログで書きますね。

ありがとうございました。

NEW

  • 以前のオーナーのカスタマイズの跡だと思われます。ヘッドライトの防水キャップが意味を成していません...

    query_builder 2024/02/27
  • エンジンからキュルキュルと異音がしていました。定番の「あの部品」が原因でした。ファンベルトです。...

    query_builder 2024/02/24
  • ドライブシャフトのアウトブーツを分割タイプで交換しようと思ったのですが、違うお車のドライブシャフ...

    query_builder 2024/02/22
  • 2年前にお伝えした部品の交換時期になりました。ブーツはゴム製なのでどうしても劣化してしまいますね...

    query_builder 2024/02/17
  • 梅雨の時期と冬に多くなるエンジンからのキュルキュル音。やはり、ファンべルトにヒビ割れが発生してい...

    query_builder 2024/02/13

CATEGORY

ARCHIVE