仕入れたハイゼットの展示前整備でバンプラバーやブーツ類の劣化が見つかりました。 ダイハツ ハイゼットカーゴ(S200V) 茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 中古車 新車

query_builder 2022/12/20
ブログ
自動車

おはようございます。長妻です。今回は仕入れたダイハツの

ハイゼットカーゴの展示前整備の内容の一部を紹介します。

当店の中古車はお客様が購入後に安全で快適にご使用できる

様に必要な整備は先に作業をしてから展示をしております。

車検に通らない不具合の修理がメインなのですが、オイル類

だけでは無くてプラグ等の消耗品も劣化をしていたら交換を

する様にしています。車検とは別で先に点検をする感じです。

部品

写真は前側のショックアブソーバーになります。見た目では

異常はありません。ですが、カバーの中を覗くと何か破片が

落ちているのが見えました。年式からするとバンプラバーの

損傷の可能性が高そうです。

ブレーキ

後輪駆動なので前側にドライブシャフトはありません。なので

簡単にサスペンションは外す事ができます。ブレーキ装置には

気をつけないといけないですけどね。

サスペンション

スプリングコンプレッサーを使ってバネを縮めて固定します。

そのまま上部のカバーを外すと分解する事ができます。

サスペンション

スプリングとカバーを取るとバンプラバーが見えました。

やはり完全に崩れてしまっています。走行距離はそこまで

伸びてはいませんが経年劣化と重なったんでしょうね。

アブソーバー

バンプラバーは段差でショックアブソーバーの底付きを

防ぐ部品です。このままでは乗り心地に影響します。

バンプラバー

新しいバンプラバーに交換したら元通りに組つけていきます。

写真は撮っていないのですがロアアームブーツとタイロッドの

エンドブーツが切れていたのでそちらも交換をしています。

ブレーキ

また、写真は無いのですがリヤブレーキのオイル漏れがあって

ホイルシリンダをASSYで交換しました。ブレーキオイルの

交換しつつエア抜きを行っていきます。年式の割に走行距離が

少ないお車はブレーキ系の故障がおきる事が多いと感じます。

乗らないので異常に気が付いていないケースがあるんです。

ブレーキ

タイヤもヒビ割れがあったので交換をしました。整備後に

サイドスリップの調整をしたら足廻りの整備は完了です。

ブレーキの制動力もばっちり出ています。エンジン系では

オイル漏れがあったのでヘッドカバーパッキンとプラグの

交換を実施しました。エンジンも足廻りも元気になった!

これなら快適にご使用できますね。

NEW

  • 電動パーキングブレーキ装置を利用した電子制御が関係している?リヤブレーキパッドの残量が減っていま...

    query_builder 2024/04/18
  • エンジンをかけるとキュルキュル音がします。ファンベルトの摩耗が進行していました。K6Aエンジンに...

    query_builder 2024/04/13
  • 加速時のパワー不足と僅かなエンジン不調があります。プラグを点検すると大きく摩耗していました。リヤ...

    query_builder 2024/04/09
  • 走行中に何かが当たる様なカタカタ音がしていました。主原因はバンプラバーと分離したカバーでしたが、...

    query_builder 2024/04/01
  • 足回りからカタカタ音やコトコトみたいな振動が伝わる感覚があります。足回り部品の劣化によるガタがあ...

    query_builder 2024/03/26

CATEGORY

ARCHIVE