ゴム製のブーツの様に劣化によるヒビ割れは起きないのですが樹脂製のドライブシャフトアウトブーツからグリスが漏れていました。 ホンダ ライフ(JC1) 茨城県 守谷市  車検 点検 修理 整備 中古車 新車

query_builder 2022/09/22
ブログ
ドライブシャフト

こんばんは、長妻です。今回は先日ブログで書かせていただいた

ホンダのライフの車検整備の続きになります。ドライブシャフト

アウトブーツからグリスが漏れていました。ゴム製より耐久性が

高い樹脂製のブーツなのですが・・・。

ドライブシャフト

珍しいのは間違いないですが、樹脂ブーツでもグリスが漏れる

事はたまにあります。ディーラーの整備士時代はピンホールと

呼んでいました。小さい穴が空く感じです。ゴム製のブーツは

劣化でひび割れが起きてから切れるのですが樹脂は気が付くと

漏れている感じです。飛び石とかが原因かもしれません。あと

ブーツバンドの裏辺りで裂けていたお車も過去にはありました。

デフミット

ドライブシャフトのアウトブーツを交換する場合、当店では

樹脂製の割れタイプを使用する事が多いですね。ゴム製から

樹脂製になりますし後で漏れたケースも今までは無いです。

それにシャフトを抜いて作業をする純正の作業工程の場合は

同時交換が必要な部品が増えて工賃もかなり高くなります。

今回のお車は純正しか対応していませんでしたのでATFや

デフミットオイルシールの交換も含めた純正のやり方で一式

を作業していく流れになりました。

デフミットシール

ミッションオイルを抜いてからドライブシャフトをミッションから

抜き取ります。デフミットのオイルシールを再使用するとオイルが

漏れる可能性があるので念の為に交換をさせていただきました。

ブーツ

一式で取り外したドライブシャフトからアウトボードを切り離して

アウトブーツを交換します。内部のグリスも交換していきます。

ブーツ

写真はの様な感じでアウトボードブーツが付きました。

シャフト

交換したデフミットオイルシールに傷を付けない様に慎重に

ドライブシャフトのインボードをミッションに入れていきます。

自動車

部品の取り付けをしてミッションオイルをホンダ純正の

ATFで交換していきます。整備後は試乗をして確認。

問題ありませんでしたので完成検査に移っていきます。

ご利用ありがとうございました。

NEW

  • ブレーキパッドの交換でお預かりしたお車でしたが冷却水が漏れているのが発見されました。甘い臭いがし...

    query_builder 2022/11/08
  • 足回りからカタカタ音がしています。診断の為にリフトアップをしてみるとサスペンション全体が手で揺ら...

    query_builder 2022/11/04
  • 夜にブレーキペダルを踏むとライトが完全に消灯してしまいます。昼間でも明るさが足りません。スズキ車...

    query_builder 2022/11/01
  • ブレーキ時や再発進する時にキー音やミミー音がする事があると来店されました。だんだん頻度が増えてい...

    query_builder 2022/10/31
  • 寒くなるとキュルキュル音の原因になるファンベルトの劣化がありました。エアコンの臭いの原因も診断し...

    query_builder 2022/10/29

CATEGORY

ARCHIVE