年式が近いお車で同じ整備をする機会が増えました。交換時期なんでしょうね。サスペンションのバンプラバーが切れていました。 ホンダ ライフ(JC1) 茨城県 守谷市 車検 点検 修理 整備 中古車 新車 

query_builder 2022/09/20
ブログ
自動車

こんばんは、長妻です。今回は車検でお預かりしたホンダの

ライフの整備内容について書いて行きます。JCのライフは

ゼストと同じでエンジンが強く故障が少ないです。JB5の

改良バージョンって感じです。だから僕も好きです。今回の

お車は以前に6万キロの特選中古車として販売したお車です。

バンプラバー

前回の車検ではオイル等の消耗品だけでなくギュギュ音の原因と

なるサスペンションのアッパーブッシュも交換しました。ですが

ゴム部品はどうしても経年劣化をしてしまいます。見ると右前の

サスペンションのバンプラバーが完全に切れていました。

サスペンション

サスペンションを取り外してオーバーホールをしていきます。

オレンジ丸の所に取り付けナットがあります。狭いですね。

自動車

工具を入れるスペースを確保する為にワイパーアームや

カウルトップを外しました。ガラスはウエスで保護します。

ブレーキ

ブレーキキャリパー等のサスペンションの下側に付いている

部品を外すか邪魔にならない位置に逃がします。オレンジで

囲った接続ボルト&ナットを2本取り外したら下側はOKです。

サスペンション

写真はカウルを取る前の物です。オレンジの所のナットを

取り外します。よくネジ山がサビて固着するのが難点です。

サスペンション

サスペンションが一式で外れました。ここからオーバーホールを

していきます。青丸のアッパーブッシュはよくダメになります。

ギュギュ音の原因になるのですが交換済みなので再使用します。

アブソーバー

スプリングを専用工具で縮めた状態で固定します。それから

カバーのナットを外して分解していきます。

ナット

スプリングを押さえているカバーを止めているナットのネジ山は

写真の様にサビが発生する事が多いです。ネジ山を完全に崩して

しまった場合はショックアブソーバーの交換が必要になります。

なのでナットを外す時も入れる時も要注意になります。最終的に

ナットは新品にて交換。ネジ山は修正をさせていただきました。

バンプラバー

新品のバンプラバーを取り付けます。このお車はカバーと

一体構造になっています。

サスペンション

サスペンションを組み付けたら・・。

サスペンション

車体に取り付けていきます。外した部品を全て元通りにしたら

サイドスリップ調整や試乗をして最終確認をしていきます。

自動車

という事で、バンプラバーの作業は以上になります。

その他の整備も実施しています。次のブログで書くと

思います。ありがとうございました。

NEW

  • ブレーキパッドの交換でお預かりしたお車でしたが冷却水が漏れているのが発見されました。甘い臭いがし...

    query_builder 2022/11/08
  • 足回りからカタカタ音がしています。診断の為にリフトアップをしてみるとサスペンション全体が手で揺ら...

    query_builder 2022/11/04
  • 夜にブレーキペダルを踏むとライトが完全に消灯してしまいます。昼間でも明るさが足りません。スズキ車...

    query_builder 2022/11/01
  • ブレーキ時や再発進する時にキー音やミミー音がする事があると来店されました。だんだん頻度が増えてい...

    query_builder 2022/10/31
  • 寒くなるとキュルキュル音の原因になるファンベルトの劣化がありました。エアコンの臭いの原因も診断し...

    query_builder 2022/10/29

CATEGORY

ARCHIVE