バッテリーの形の警告灯が点いていたのに放置をしていたら・・・エンジンが止まってしまうとの事でレッカーでご入庫されました。 ホンダ N-BOX(JF1) 茨城県 守谷市 車検 点検 修理 整備 中古車 新車

query_builder 2022/09/17
ブログ
エンジン

こんばんは、長妻です。段々と日が短くなって秋を感じますね。

今回、修理をさせていただいたお車はホンダのN-BOXです。

N-BOXは売れているのが判ります。確かに良い車ですよね。

少し前からバッテリーの形の警告灯が点いているとの事でした。

時間が出来たら持ち込みたいとお話をされていたのですが、今日

エンジンがかからなくなったと急きょロードサービスで当店まで

運んで来ていただきました。1回はエンジンが掛かったらしく、

走りだしたらエンストをしてそれから始動不能になったらしいです。

バッテリー

入庫時にブースターをつないでエンジンをかけてみましたがすぐに

止まってしまいます。12Vが標準的な電圧ですが9V以下にまで

落ちています。バッテリーテストの結果はもちろん交換時期判定。

故障診断をする前にバッテリーの交換は必要になりました。

バッテリー

バッテリーを交換してエンジンを掛けると警告灯が点きました。

充電されていない時に点く警告灯です。症状から考えると最初に

オルタネーター(発電機)が故障をしてしまい、そのまま乗って

いた事でバッテリーが完全に放電をしてしまったんでしょうね。

修理方法としてはバッテリーとオルタネーターの交換になります。

自動車

当店をいつもご利用して下さるお客様からのご依頼ですが、この

お車は当店で整備をした事がありません。前歴はわかりませんが

今回はファンベルトも新品で交換をさせていただきました。実は

リビルト品の説明書にオルタネーターを交換したらバッテリーと

ベルトも交換して下さいと書いてあります。下手に再使用すると

そこが原因で故障が治らずにトラブルになるからでしょう。

オルタネータ

オルタネーターはメーカー新品だとかなりの高額部品になります。

今回はリビルト品にて交換をさせていただきました。部品商さんの

お墨付きのリビルト会社から仕入れた物を使用していきます。

オルタネーター

エンジンに組み付けていく途中の写真です。隙間から入れていきます。

最後に外部診断機をつなぎながらアイドリングストップの学習と試乗を

して完治をしているのを確認しました。無事に治ったのでOKですね。

ご利用ありがとうございました。

警告灯

今回点いた充電警告灯はこれになります。皆さんもご注意下さい。

NEW

  • エンジンから大きなガラガラ音がしていました。ファンベルトを外して補機をひとつずつ手で回してみると...

    query_builder 2023/06/06
  • 今は珍しくなったマニュアル&ターボ仕様のミラジーノが車検で入庫しました。ロアブーツとラックブーツ...

    query_builder 2023/06/01
  • エンジンから異音がするとの事で来店されました。結果的にキキキ音、ブブブ音、キュルキュル音がしてい...

    query_builder 2023/05/27
  • 代車のルークスをさらに整備しました。CVTオイルはまだ交換時期ではなかったのですがストレーナーを...

    query_builder 2023/05/23
  • 車検でお預かりしたお車のホーンが鳴りません。車検項目にあるので修理は必須です。鳴らない原因はいっ...

    query_builder 2023/05/17

CATEGORY

ARCHIVE