エンジンからキュルキュルと異音がします。目視でわかるレベルのヒビ割れがファンベルトに発生しています。  日産 セレナ  茨城 守谷 車検 点検 修理 中古車

query_builder 2021/07/31
ブログ
自動車

こんばんは、長妻です。こんなに暑いのに痩せないですね~(汗)。

今回の整備歴ブログにて書かせていただくお車は日産のセレナです。

車検での入庫でしたがエンジンからキュルキュル音がするとの事です。

ほとんどの場合、キュルキュル音の原因はファンベルトなのですが

違う場合ももちろんあります。リフトアップして診断をしていきます。

このお車はボンネットを開けてもベルトを上からでは点検しずらいです。

リフトアップして下からみた所ベルトにヒビがはっきりと確認できました。

ベルト交換の見積もりをお伝えして了解をいただきましたので部品を注文。

交換に向けて作業を進めていきます。


カバー

右前のタイヤを外したらエンジン側面の保護カバーが確認できます

エンジンを水やほこり(泥)などから守る為に取り付けてあります。

クリップを外してこのカバーとホイルハウスのカバーも半脱します。


カバー

こんな感じでカバーを逃がすとファンベルトがよく見える様になります。


ベルト

改めて下からベルトを見てみると・・・・・。

ベルト

かなりヒビ割れの症状が進んでいます。そろそろ切れてしまいそうですね。

むしろ切れる前に来店していただけてタイミング的に良かったと思います。

ベルトが半分だけ切れてしまって回転する鞭の様になった車が過去にあり、

そのベルトでエアコンの配線を切断してしまって高額修理になりました。

充電器(オルタネータ)やウォータポンプもベルトで駆動していますから

走行中でもバッテリーがあがってしまったりオーバーヒートに繋がります。


ベルト

取り外したベルトになります。こんな感じで複数のヒビ割れがあります。

ベルト

オートテンションナーをメガネレンチで動かしてベルトを交換します。

このエンジンは交換しやすい構造ですね。バッテリーが2個付いている

セレナの場合はベルトの取り回しなどが全然違う構造になっています。

特殊工具が必要だと交換時に判明し木片を削って工具を自作したりして。

木片を削って工具を作る技は別の整備工場さんのブログで知りました。

話は逸れましたがベルト交換が完了しました。これで安心ですね。


ベルト

ベルトを交換した後に上から撮った写真です。最初の方に書いた様に

上からだとベルトの裏側(溝のある方)が目視で点検しずらいです。

ベルト交換の他、法定点検を進めていきまして車検も無事に完了です。


皆さんも少なくともエンジンから異音がしたら整備工場に行って下さい。

「エンジンをかけて少しすると音が消えるから大丈夫だと思ってた」は、

ベルトの交換時期の方によく言われる言葉です。そのまま放置は危険です。

エンジンオイルはもちろん、消耗品やゴム部品の適切な時期での交換実施が

お車を長持ちさせるポイントです。故障が減れば結果的に安上がりですしね。


NEW

  • 夕日に照らされて光っています。かっこいいでしょ!ぜひ見に来て下さい。試乗も出来ます。  スズキ ...

    query_builder 2021/09/21
  • ブレーキディスクローターにサビがあった為、研磨をしてからブレーキパッドを交換しました。 トヨタ ...

    query_builder 2021/09/15
  • エンジン上部から側面までオイルでぐっしょり濡れてしまっています。ヘッドカバーのパッキン等を交換し...

    query_builder 2021/09/10
  • ヘッドライトが左側だけ変色しているのが気になっているとのお話でした。ヘッドライト再生システムの出...

    query_builder 2021/08/30
  • ピラーレスのスライドドアの中古車を仕入れて来ました!当店の整備基準にてしっかり仕上げてあります。...

    query_builder 2021/08/24

CATEGORY

ARCHIVE