車検にてご入庫のお車のロアアームブーツを交換しました。 スズキ ハスラー  茨城 守谷 車検 点検 修理 中古車

query_builder 2021/07/24
ブログ
自動車

おはようございます。長妻です。

今回のブログで紹介させていただくお車はスズキのハスラーです。

見た目がすごくカッコイイですね。好きな方も多いと思います。

業者様からの依頼で車検とロアアームブーツの交換を作業しました。


ブレーキ

タイヤを取ってブレーキ関連やドライブシャフトとナックルの接続を外します。

専用工具を使ってロアボールジョイントとナックルの接続部も外していきます。


ロアアーム

こんな感じで周辺部品を取り外すか、完全には取らなくても逃がしたりします。

ロアアーム

写真がロアアームのジョイントブーツになります。ジョイント部分は路面の状態や

ハンドル操作で角度が変わる構造になっていて内部に潤滑用グリスが入っています。

関節みたいな所です。ブーツが切れると中のグリスが出て水が浸入してしまいます。

そのまま放置してしまうとサビが発生して最終的にガタにつながり大変危険です。

実際になった車は見た事は無いのですが構造的には足回りが走行中に分解します。

過去にブログで書いたパッソのロアアームのガタは酷くて分解する寸前でしたね。


ブーツ

ジョイント部分にガタが出てしまうとロアアームごと交換する事になります。

部品代が高額になるだけで無く、交換工賃もかなり高額になってきます。

車種によっては交換工賃がブーツ交換だけの場合の数倍になる事もあります。

安全面でも金銭面でも早期に発見して修理する事が大切になってきます。

今回のお車の場合は完全には切れてはいませんがヒビ割れが進んでいます。

もうすぐ切れるのは避けられませんので車検と同時に作業となった訳です。

ヒビ割れの段階でブーツ交換をすればロアアームにダメージは出ないです。


ロアブーツ

新品のロアブーツと交換していきます。左右とも交換させていただきました。

ブーツなどのゴム部品は外的要因で亀裂が入る事は確率としては低いですね。

樹脂製のドライブシャフトブーツでたまに早期で穴があく事がありますが、

ほとんどは経年劣化でゴムの質が低下した事によってヒビ割れが発生します。

左右差は多少あってもすぐに交換時期になるので左右同時交換が多いですね。

もちろん点検して何も異常がなければ無理に左右を同時に作業はしないです。

経年劣化が原因なのでお車を使用していなくてもヒビ割れは発生します。

「自分はあまり車に乗らないから」というお客様も注意して下さいね。


その後、法定点検から完成検まで進み車検が完了しました。

サイドスリップ調整もしっかり行って納車となりました。

当店のご利用ありがとうございました。


NEW

  • 夕日に照らされて光っています。かっこいいでしょ!ぜひ見に来て下さい。試乗も出来ます。  スズキ ...

    query_builder 2021/09/21
  • ブレーキディスクローターにサビがあった為、研磨をしてからブレーキパッドを交換しました。 トヨタ ...

    query_builder 2021/09/15
  • エンジン上部から側面までオイルでぐっしょり濡れてしまっています。ヘッドカバーのパッキン等を交換し...

    query_builder 2021/09/10
  • ヘッドライトが左側だけ変色しているのが気になっているとのお話でした。ヘッドライト再生システムの出...

    query_builder 2021/08/30
  • ピラーレスのスライドドアの中古車を仕入れて来ました!当店の整備基準にてしっかり仕上げてあります。...

    query_builder 2021/08/24

CATEGORY

ARCHIVE