車検時にドライブシャフトのインボードブーツが切れているのが見つかりました。デフサイドシールも同時に交換していきます。  スズキ MRワゴン(MF22S) モコ(MG22S)  茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 車販売

query_builder 2022/06/24
ブログ
ドライブシャフト

おはようございます。長妻です。円安が進んで物価も高騰しました。

ガソリンもヤバイです。自動車関係への影響もかなり大きいですね。

食費も係るし趣味の自作パソコンもパーツが輸入物なので高すぎる。

今回整備をさせていただいたお車はスズキのMRワゴンになります。

お客様から他店で整備をしたばかりなので何も異常は無いと思うよと

言われてはいました。ですが、どうしても車の部品は消耗品ですから

故障してしまう事もあります。インボードのブーツが切れていました。

ドライブシャフト

このままでは車検が通りませんし、インボードジョイントが故障したら

危険です。ブーツの交換が必要になりました。まずは足回りの部品から

外していきます。よく固着しているアウトボードのスプライン部ですが

問題無く抜けました。

ドライブシャフト

ドライブシャフトをミッションから抜きました。

インボード

ミッションに刺さる方はオイルシールに当たる部分があるので

ミリレベルの傷も許されません。ウエス等で保護して整備中の

リスクを軽減させます。

インボード

インボードのブーツを交換する為にはオーバーホールをしなくては

いけません。向きを間違えない様にする為にマーキングしました。

インボード

ジョイントが取れたらシャフトから古いブーツを抜いて・・。

インボード

新しいブーツを通したら部品の向きに注意しながら取り付けて

いきます。

インボード

インボードの内部に新しい専用グリスを入れたらブーツを大小の

2つのバンドで固定します。

オイルシール

ドライブシャフトを抜いた所にはオイルシールがあります。

オイルシール

年式を考えると交換をした方がよいでしょう。同時に作業をしました。

オイル漏れにつながるのでメーカーは分解時は交換を指定しています。

ドライブシャフト

交換したオイルシールとインボードの当たる部分にオイルを塗って

他の部分には触れない様に注意しながら真っすぐに差し込みます。

整備後に試乗をして走行異常やオイル漏れが無いかを確認します。

問題ありませんでしたのでこちらの整備は完了となります。他にも

整備をしましたので次回ご紹介いたします。ありがとうございました。

NEW

  • 踏んだブレーキペダルが勝手に上下に動いてしまいます。減速もスムーズに出来なくて車体がガクガクと揺...

    query_builder 2022/07/28
  • 暑くなるとオーバーヒートという故障が多くなります。まだ症状は出ていませんでしたが、年式や走行距離...

    query_builder 2022/07/27
  • 今までエアコンが効いていなかったと思います。エアコンフィルターが目詰まりを起こして風が弱くなって...

    query_builder 2022/07/23
  • 下廻りからずっとガラガラと音がしていました。マフラーの遮熱板がザビが原因で割れてしまった様です。...

    query_builder 2022/07/21
  • パワーステアリングのホースが劣化していてオイルが漏れ始めていました。パワステ異常でハンドルが重く...

    query_builder 2022/07/20

CATEGORY

ARCHIVE