足回りの異音やガタの原因になっていました。サスペンションのバンプラバーとアッパーブッシュを交換しました。 ホンダ ゼスト(JE1)  茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 車販売

query_builder 2022/04/18
ブログ
自動車

こんばんは、長妻です。今回のご紹介させていただくお車は

ホンダのゼストになります。エンジンが変更されたJB5の

ライフの初期型で見つかった不具合を改善したエンジン等を

使用しているので故障が少ない車種です。ディーラー時代に

初期型はテストなんだと実感しましたね。故障が多かった。

という訳で今回のお車はエンジンやミッションに異常は無く

オイル漏れもありません。エンジンオイルやブレーキオイル

は今後の為に交換おすすめになります。また、写真の点火を

する部品であるスパークプラグは交換時期でしたので作業を

させていただきました。プラグの状態が悪いまま使用すると

イグニッションコイルが頑張るのでコイルも故障してしまう

可能性が高まります。急に不調になるので危険です。

サスペンション

お車をリフトで持ち上げてから足回り部品を揺すってみると

大きく動きました。これはサスペンションと車体の間にある

アッパーブッシュの摩耗によるガタになります。音が出たり

走行時に車体が不安定になったりします。交換時期ですね。

さらに、サスペンションのバンプラバーが切れていました。

アブソーバーの底付きを防ぐ為の部品です。こちらも交換を

する必要があります。行程的に同時作業になります。

サスペンション

助手席側のサスペンション取り付け部がこちらです。

サスペンション

そして運転席側の取り付け部がこちらです。見えていません。

バッテリーを外して給電を切りヒューズボックスを外してから

作業する必要があります。

カウル

左右のワイパーアームを取ってカウルトップも取り外します。

ガラスの端は割れやすいのでタオルなどで保護します。なぜ、

ここまで外す必要があるかというと・・・。

エンジン

サスペンションの上部のナットやネジ山が完全にサビで固着を

していたからです。ワイヤーブラシやベルハンマーを給油して

緩めようとしてもネジ山の六角穴がなめってしまそうでした。

インパクトレンチを使う以外なさそうです。その隙間を確保。

サスペンション

サスペンションの下側の部品を取り外します。

サスペンション

そうしたらサスペンションの上部のナットを取り外します。

今回はインパクトレンチで取り外しました。

ブッシュ

車体からサスペンションを抜き取ると上部に大きなゴム製の

部品が付いています。これがアッパーブッシュです。

ブッシュ

この写真は遠近法をしている訳ではありません。ブッシュが

摩耗や劣化で痩せて小さくなっています。その為に車体との

間に隙間ができてしまうんです。

ブッシュ

下手なイラストですみません(汗)。右側の緑色の部分が

隙間になります。この部分をサスペンション自体が固定を

されずに前後左右に動いている状態です。リフトアップを

すると手で動かせるレベルです。


ブッシュ

バンプラバーを交換する為にはさらにオーバーホールをする

必要があるのですが、先ほどインパクトレンチで何とかして

緩めた上部のネジ山を共用しているナットを外す事になります。

ネジ山

ネジ山が崩れているままでオーバーホールすると危険です。

場合によってはショックアブソーバーの交換になってしまう

かもしれません。念の為にネジ山を修正しておきました。

ここからオーバーホールをして行きます。(後半につづく)

NEW

  • ハンドルを切らないと確認しずらい部分です。ラックエンドブーツが切れていました。ギアボックスのダメ...

    query_builder 2022/07/01
  • ワイパーアームってサビますよね。交換すると高いので自家塗装してみました。※仕事というよりサービス扱...

    query_builder 2022/06/25
  • ガタになる前にロアアームブーツを交換しました。また、エアコンの風が弱く臭いもしています。フィルタ...

    query_builder 2022/06/25
  • 車検時にドライブシャフトのインボードブーツが切れているのが見つかりました。デフサイドシールも同時...

    query_builder 2022/06/24
  • S-HYBRIDはファンベルトを介してエンジンをアシストするシステムです。始動時にキュル音がしていなくて...

    query_builder 2022/06/20

CATEGORY

ARCHIVE