車検と一緒にタイミングベルトやオイルシール類、ウォーターポンプ等の交換作業を実施しました。 ダイハツ ハイゼットトラック(S210P)  茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 中古車

query_builder 2021/11/20
ブログ
エンジン

こんばんは、長妻です。今回は久しぶりのタイミングベルトの交換作業について

ブログにてご紹介させていただきます。お車はダイハツのハイゼットトラック。

最近のエンジンはタイミングチェーンが多いですから作業の機会は減りました。

(ちなみにホンダ車はNシリーズより前の軽はタイミングベルトだけでした。)

タイミングベルトの交換指定距離はメーカーにて10万キロと明記されています。

7~8年で10万キロとかなら交換しなくても意外と大丈夫ですが平成15年車です。

タイミングベルトもゴム製なので経年劣化も考えると交換がおすすめになります。

エンジン

ファンベルトなどのいわゆる補器ベルトを取ってからクランクプーリーを

外します。あとはカバーを外せばタイミングベルトが見えてきます。

タイミングベルトを外す前にクランクとカムの位置を指定位置にします。

エンジン

タイミングベルトの交換だけなら新品にしてカバー等を元に戻すだけです。

ただし、タイミングベルトを外した状態でないと交換できない消耗部品達が

あります。仮にそこに今後不具合が出た場合はタイミングベルトをやり直す

事になってしまいます。今回は関連する部品を一式まとめて作業をしました。

同時に作業してしまえば安心ですし、工賃も個別よりかなり安くなります。

カムシール

カムシャフトのオイルシールになります。古くなってくるとオイルが

漏れてしまう事があります。タイミングベルトに付くと危険です。

クランクシール

クランクシャフトのオイルシールです。やはり劣化してくるとオイル漏れに

つながります。タイミングベルトを交換するなら一緒に作業が基本になります。

ウォーターポンプ

写真では撮り外してありますが、冷却水を圧送しているウォーターポンプも

交換しました。ラジエーターから冷却水を抜いてから作業しています。この

部品はゴムの劣化では無くて軸の摩耗で故障します。少し前にエッセで交換

したブログを書いています。エッセはタイミングチェーンのエンジンです。

タイミングベルトでは無くファンベルトで駆動しているという違いはあります。

エンジン

カムオイルシール、クランクオイルシール、ウォーターポンプを交換。

エンジン

カムシャフトとクランクシャフトのプーリーにある位置合わせを確認後に

テンショナープーリーも交換してタイミングベルトを取り付けていきます。

クランクシャフトでベルトを回して再度位置を合わせてズレてなければOK。

各ボルトの締め付けなどを最終確認してカバーと補器ベルトを付けていきます。

冷却水

ウォーターポンプを交換したので冷却水がエンジンやラジエーターに

入っていません。そのままエンジンをかけると熱でダメージが出ます。

PCで整備マニュアルを見ながら指定の方法で冷却水を入れていきます。

空気が抜けて暖気後にラジエーターファンが回れば完了になります。

いったん冷やしてから冷却水の量の確認や補充+最終確認もしていきます。

エアクリーナー

一般の消耗品ではエンジンオイルやエアクリーナーを交換しました。

エアクリーナー

エアクリーナーはエンジンのマスクです。詰まって来ると酸欠になります。

自動車

タイミングベルトも伸びていたので交換した事によりエンジンの

調子が良くなりました。点火タイミングが合ったからでしょう。

完成検査をして車検とタイミングベルトの作業のお車の完成です。

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

NEW

  • 踏んだブレーキペダルが勝手に上下に動いてしまいます。減速もスムーズに出来なくて車体がガクガクと揺...

    query_builder 2022/07/28
  • 暑くなるとオーバーヒートという故障が多くなります。まだ症状は出ていませんでしたが、年式や走行距離...

    query_builder 2022/07/27
  • 今までエアコンが効いていなかったと思います。エアコンフィルターが目詰まりを起こして風が弱くなって...

    query_builder 2022/07/23
  • 下廻りからずっとガラガラと音がしていました。マフラーの遮熱板がザビが原因で割れてしまった様です。...

    query_builder 2022/07/21
  • パワーステアリングのホースが劣化していてオイルが漏れ始めていました。パワステ異常でハンドルが重く...

    query_builder 2022/07/20

CATEGORY

ARCHIVE