エンジン不調を見てほしいとの事で急きょ来店されました。コイル&プラグ交換とオイル漏れの修理を実施しました。 三菱 ランサー(CS2A)  茨城 守谷 車検 点検 修理 整備 中古車 

query_builder 2021/11/10
ブログ
コイル

こんにちは、長妻です。空気が乾燥しています。体調に要注意ですね。

今回の整備ブログでご紹介させていただくお車は三菱のランサーです。

この年式を整備するのは初めてです。エンジン不調になったので直ぐに

見てほしいとの事で来店されました。当店の利用は初めてのお客様です。

実際にお車を乗ってみると点火系が失火している感じです。コイルかな?

ボンネットを開けてエンジンを点検してみると・・・これはいったい!!

プラグにはまっているはずのプラグコードがなぜか少し浮いていました。

コードを外すと中身が無く、プラグの方を見ると配線がはまっています。

断線をしている事になります。これでは失火してしまいます。

ヘッドカバー

今回の原因はNO1のプラグコードです。プラグも交換した方が確実ですね。

また、写真の様にプラグがささっている穴(プラグホール)にオイルが少し

浸入している様です。オイルはコードを膨張させるのでオイル漏れの修理も

しないとコードを交換してもすぐにダメになってしまう可能性が高いです。

悪化するとプラグがオイルに浸かってしまって危険です。

ヘッドカバー

プラグホールだけでなく、ヘッドカバー全体からオイルが漏れています。

経年劣化でゴム部品が固くなって気密性が下がり漏れが発生しています。

上記の状態から何パターンかの修理見積りを作成させていただきました。

お客様に説明しながら今後のお車の使用するにあたっての気持ちを伺うと

できればこの車を長く乗りたいとの事でした。NO1のコードの交換だけで

終わらせないでしっかりと修理してもらいたいと事。今回はオイル漏れの

修理とプラグとイグニッションコイルとプラグコードの交換となりました。

ヘッドカバー

ヘッドカバーをシリンダーヘッドから取り外します。

ヘッドカバー

ヘッドカバーの外周にあるパッキンを交換します。これが固くなると

エンジンの上部の周辺からオイルが漏れる原因になります。

オイルシール

プラグホールのパッキンも交換します。写真でみると判りますが

左側の古い方は膨張しています。また固くもなっています。

ヘッドカバー

プラグホールの上部にパッキン(オイルシールとも言う)をつけます。

外周のパッキンを交換したヘッドカバーを被せてボルトで付けていきます。

エンジン

ヘッドカバーとプラグホールのパッキンを交換したら今度は

プラグとイグニッションコイルとプラグコードを交換します。


自動車


交換時期を過ぎていたエンジンオイルも交換させていただきまして

今回の修理は完了となります。エンジンも調子も良くなりましたよ。

これで安心してお車に乗れますね。ご利用ありがとうございました。

NEW

  • 踏んだブレーキペダルが勝手に上下に動いてしまいます。減速もスムーズに出来なくて車体がガクガクと揺...

    query_builder 2022/07/28
  • 暑くなるとオーバーヒートという故障が多くなります。まだ症状は出ていませんでしたが、年式や走行距離...

    query_builder 2022/07/27
  • 今までエアコンが効いていなかったと思います。エアコンフィルターが目詰まりを起こして風が弱くなって...

    query_builder 2022/07/23
  • 下廻りからずっとガラガラと音がしていました。マフラーの遮熱板がザビが原因で割れてしまった様です。...

    query_builder 2022/07/21
  • パワーステアリングのホースが劣化していてオイルが漏れ始めていました。パワステ異常でハンドルが重く...

    query_builder 2022/07/20

CATEGORY

ARCHIVE